■調査・検査等

渋谷設計では建築物の調査等を行っております。
建築物も、人間と同じく健康診断を行って、悪い部分を早期発見することが大切です。下記項目以外にも様々な相談に応じますので、まずはご連絡ください。

特殊建築物等 定期調査
 建築物に要求されている諸性能を維持保全するために定期的な調査を行います。また、特定の建物については、調査結果を特定行政庁に報告する事が義務付けられています。
 調査内容は建物の用途、規模によって異なりますが、主に敷地の状況、外壁、防水、防火設備、避難経路や階段などが適切に維持できているか調査します。

 詳しくは、福山市建築指導課の定期報告のページをごらんください。

建築設備 定期検査
 平成13年9月1日未明、東京都新宿区歌舞伎町の小規模雑居ビルにおいて発生した火災は、44名もの犠牲者を出すという未曾有の大災害となりました。この火災を契機に国土交通省は、定期報告の一層の充実として、建築基準法施工規則の改正により全国的に統一された様式が制定され、平成15年3月10日に公布されました。

大きくは、エレベーター等の昇降機の検査とその他設備の検査になります。
渋谷設計ではその他設備の検査を行っております。
その他設備とは主に次の4種類に分別されます。
 1.換気設備
 2.排煙設備
 3.非常用の照明装置
 4.給水設備及び排水設備

木造住宅 耐震診断
既に建っている木造住宅について診断します。
目視調査、聴き取り調査を行い、耐震性能について報告いたします。

専門家による診断はちょっと・・・と思われる方は、
次のページからも簡単な診断ができます。是非試してみてください。
誰でもできるわが家の耐震診断 国土交通省住宅局監修
簡単な質問に答えるだけで大まかな耐震診断ができます。
専門家に相談するかどうかの参考にしてください。(^^)

戻る
株式会社 渋谷設計